アセトアミノフェン500mg・タイレノール(Tylenol)

TOPページ  > 痛み止め用薬トップ  > アセトアミノフェン・タイレノール

アセトアミノフェン500mg・タイレノール(Tylenol)とは

 アセトアミノフェン500mg・タイレノール(Tylenol)の有効成分アセトアミノフェンは痛みや発熱の原因を直接抑える作用はありません。
 しかし、血管を拡張することにより解熱効果をもたらし痛みを鈍くする作用があります。

 また、アセトアミノフェンは、胃への負担がなく空腹時でも飲め、眠くならないという特徴を持っています。

 日本の病院では熱や頭痛を伴う風邪やインフルエンザ等によく処方されております。

 小児科で処方される解熱剤は名前が違っても、中身のほとんどは「アセトアミノフェン」です。

 小児のインフルエンザ罹患時にも推奨されているのが「アセトアミノフェン」です。

アセトアミノフェン500mg・タイレノール(Tylenol)

 アセトアミノフェン500mg・タイレノール(a)は、空腹時でも飲め、眠くならないという特徴をもつアニリン系の解熱鎮痛剤です。


 詳しくは → アセトアミノフェン500mg・タイレノール(a)
  又は
アセトアミノフェン500mg・タイレノール(Tylenol)

商品説明

 比較的安全性の高い成分で血管を拡張することにより解熱効果をもたらし痛みを鈍くする作用があります。

 しかし他の解熱鎮痛剤(アスピリン・イブプロフェン等)と違い、アセトアミノフェンには抗炎症作用は殆どありません。

効果

 発熱時の解熱効果、頭痛・月経痛など鎮痛効果

用法

 解熱・鎮痛として使用する場合:成人

 解熱・鎮痛として使用する場合:小児

容量の例

体重

アセトアミノフェン(1回使用量)

5Kg

50~75mg

10kg

100~150mg

20kg

200~300mg

30kg

300~450mg

 頭痛、耳痛、症候性神経などに使用の場合:成人>

注意事項

副作用

 安全性の高い医薬品ですが、必要以上の摂取をした場合、肝臓の異常や腹痛・下痢などの症状を引き起こすことがあります。
 ご使用になり異常を感じた場合には使用を中断し、医師の診察を受けてください。

成分

その他

 メーカー:janssen-cilag

注:病院で処方されたほうが安上がりの場合が有りますので、比べてから買って下さい。
  病院に行く時間がなという方は、下記から買ったほうが一番安いと思います。


 ご購入及び、詳しくは下記より(口コミも有ります)
  ↓↓↓

アセトアミノフェン500mg・タイレノール(a)

  又は

アセトアミノフェン500mg・タイレノール(Tylenol)



ページトップへ戻る







目 次

痛み止め用の薬


結婚情報サービス・エンジェル

結婚情報サービス・エンジェル 経済産業省 経営革新事業の認定! 結婚に向けた安心の出会いはエンジェル

 男女社会学の性格分析が導き出す、あなたの理想のパートナーは?
 20万人が受けた信頼の性格分析を今すぐ体験!
 まずは、《無料体験》 
  ↓ ↓ ↓
 結婚に向けた安心の出会いはエンジェルから